札幌地方隊友会(会長:若月寿一)は、令和2年2月11日(祝日)に令和年代に入って、最初の建国記念の日にホテルロイトン札幌(3階)にて行われた、日本会議北海道本部主催の「建国記念の日 奉祝道民の集い」に協賛するとともに、会長、加藤副会長、真駒内・清田の各支部長及び支部の各会員25名が参加した。

集いは、建国記念を祝う祝辞・祝吟、建国記念への思いなど。 また、熊本 勇志国際高等学校 校長 野田将晴氏による記念講演「皇紀2680年から始まる戦後教育の再建」と称して、今まさに我が国が悩んでいる「引きこもり・いじめ」などの感動的は講話で、講演時間が足りないほど、内容の濃いものであった。

式典は、「建国記念の日 奉祝道民の集い」の式典決議を満場一致で採択し、 引き続き、ホテルロイトン札幌から北大通りを大通西4丁目まで、底冷えする中で奉祝パレードを実施した。

 

詳細はこちら