30年度 北海道ブロック研修会(50回記念)に参加

札幌地方隊友会(会長 若月寿一)は、10月13日(土)から14日(日)の間、北海道隊友会連合会が主催する「北海道ブロック研修会(50回記念)」に参加した。

札幌の奥座敷と言われる定山渓温泉(定山渓ビューホテル)において、札幌地方隊友会員53名をはじめ道隊連会長以下230名の道内の会員が一堂に会して、研修会に参加した。

初日の研修会は、国歌斉唱、物故者への黙祷に引き続き、北海道隊友会連合会へのご支援・ご協力された方への感謝状の贈呈と功績のあった会員への表彰状の授与が行われた。 札幌地方隊友会からは、加藤副会長はじめ7名の会員が表彰式に参加し、道隊連会長から表彰状を受賞した。

その後、「隊員たちの使命感」と題して、北部方面総監 田浦正人陸将、「海上防衛力の役割」を大湊地方総監 酒井 良海将、「北部航空方面隊の活動について」北部航空方面司令官 城殿 保空将が講演された。

研修会後は、情報交換会(懇親会)が催され、田浦総監、酒井海将、城殿空将及び道内の主たる部隊長など多数の現役自衛官と道内各地方隊友会員約150名が参加し、それぞれ懇親を深めた。

翌日は、酒巻道隊連会長、若月札地隊会長はじめ千歳・旭川・帯広・函館の地方隊友会長、隊友会常務執行役及び道隊連役員、地方隊友会の役員、北部方面総監部 人事部長等が参加して、ブロック会議が実施され、①「留守家族支援の実行の可能性・問題点について」 ②「女性会員の獲得について」と題し、隊友会が抱える案件について検討がなさ、今後の隊友会活動における資を得た。

札幌地方隊友会 事務局